弁護士事務所の開業

言葉で護る

弁護士事務所を開業するときのリスク

弁護士の数も非常に多く、独立して事務所を開くという方も多いです。
どうして独立して開業をするのか?というと、そちらの方が自分の好きなように仕事ができるということもありますし、場合によっては高給になれる可能性もあるからです。
弁護士事務所に雇われて仕事をしている場合は仕事の進め方なども自分の好きなようにはいきませんし、給料もあらかじめ決められてしまうことも多いです。
それでも良いというくらいに満足している方はそのまま働き続けますが、それにどうしても我慢ならないという方は独立の道を模索し始めます。
そして、実際開業をして自分の意思のみで仕事をして、お金を稼いでいくことができますが、やはり事務所の数も非常に多く、ライバルは多数います。
開業をした結果、逆に仕事が全然なくて、給料も独立前よりも下がってしまうというケースもあります。
雇われていたときはある程度安定して稼ぎがあっても、独立すると、それが不安定になりやすいです。
弁護士の数が非常に多い今、独立をすることは夢でもありますが、リスクもあるということを覚えておきましょう。

弁護士の開業について

弁護士になる為司法試験に合格している事で、やはり下積みを行う為に他所の事務所でお世話になり、ある程度自分自身でも色々な事案に対する知識が付いた所で、開業を行う事はとても良いタイミングであり、そこで今後に置いて困っている方を法律のプロとしての立場で助けてあげる事など、こうしたより良い弁護士として開業をスタートさせる事はとても良い状況と言えます。
弁護をする立場としては、やはり裁判などになる様な案件であったり、最近では消費者金融業者に対する利息の過払い金の返還まで仕事を行って、その分の成功報酬をもらう事で利益を上げている現状となっています。
交通事故を起こした時の示談の交渉に関してもやはり色々と仲裁として間に入り、交渉を進めて行く事など、弁護士として開業を行う事で、色々と困って居る人がそこで寄り添う形で法律のプロの助けにより、色々な面で助けてもらう事も十分に考えられて、仕事は沢山ある状況の様です。

最終更新日:2015/6/18