弁護士に相談する

言葉で護る

弁護士に相談するならどんな方法があるか

その道のプロになんらかのアドバイスを受けようと思ったら、つてが必要でした。
今はインターネットが発展しており、サイト上からプロに助言を請うことができます。
法律のプロである弁護士には、家庭のこと、会社経営のこと、社会のことなど、さまざまな面で相談に乗ってもらいます。
アドバイスを受けるだけでも料金が発生するので、一般人はあまり彼らにアドバイスを求めることはありませんでした。
しかし、近年になって法律のプロと一般人の間の距離が急激に縮まり、互いにメールなどで連絡をとったり、気軽にアドバイスをもらうことが当たり前になりました。
これは時代の変化もありますが、法律に関しての社会的な理解度が変化したのも大きいでしょう。
弁護士に相談する方法としてオーソドックスなのは実際に事務所に行って、対面してアドバイスを受けるやり方です。
これだとお互いが目を見て話ができるので、思いが伝わりやすいです。
また、メールなどを通じての簡単なアドバイスも相当有効な方法として受け入れられています。

弁護士に相談するために
準備しなければいけないこと

弁護士に相談することは人生の中でそれほど多くはないと思いますが、もし相談しなければならない事が起きてしまった場合に備えて、準備されると良いことをお知らせします。
一番良いのは知人の紹介等を頼るのがいいと思います。
紹介ですと人となりも事前に分かっていますし、双方で安心感があります。
もし紹介が難しい場合は自分で探すことになりますが、弁護士の方々にも大きな事務所・個人事務所含めて得意とされる分野があります。
質問したい内容に精通していると思われる事務所を探すことは大切です。
インターネットで法律専門のサイトがありますので、そこから事務所をインターネットで検索し、得意分野や実績等を確認されてから連絡されると良いと思います。
また、各自治体で無料相談をおこなっている場合もありますので、簡易な内容の場合にはそちらもお勧めします。
弁護士に状況を説明するために、最も大切なことは証拠や現在までの経緯を時系列でまとめていくことです。
書面で準備していくことにより、効果的な質問や回答を得ることができます。

Favorite

2015/6/17 更新